むずかしげなFRBって、なんだろう?


FRBが世界経済に与える影響

FRBはアメリカの経済をつかさどる機関なのですが、なぜか世界経済にも大きな影響を与える存在です。そもそもアメリカの機関がなぜ世界経済に影響を及ぼすのか、それはなんといっても現在の世界経済の状況がそうさせているからなのです。

アメリカの通貨「ドル」は、みなさんもご存じのように世界どこででも通用する通貨です。と言っても世界で通用するのはあくまで経済的な話です。アメリカが技術も資産も、そして資源も有している大国であるがゆえに、大国は当然自国に対して有利になるさまざまな政策を打ち出してきます。ドルの価値を下げて貿易赤字を減少させるようなことはお手の物です。

実際、日本が円高になったのはアメリカや他の先進国が自国の通貨の価値を下げて、輸出産業を復興させようとしたがためです。日本は利益を得るために工業製品を作り輸出することが主産業です。でも製品を作るためには原材料や資源を輸入に頼らなくてはいけませんから、時期によってはお互いに円高ドル安の状態が望ましいと思っていた時期もあったのです。しかしバブル崩壊とともに日本経済が低迷し、自国の通貨である円の価値を下げ、輸出産業を活発にして経済を復興させようとしているのです。それが俗にいう「アベノミクス」における日本経済の基本方針となっています。

もちろん、アメリカがそれを手をこまねいてみているわけではありません。FRBがアメリカ国内の経済指標を設定し、さまざまな経済政策を発動します。もちろんアメリカに有利になるように、国内の金利を下げてドルの価値を下げるようなことをしたりすることもあるし、市場に出回る通貨の量を減らして為替市場の相場をコントロールすることもあるでしょう。そのため各国の経済がアメリカに依存していればしているほど、世界経済にも大きな影響が出るのです。