むずかしげなFRBって、なんだろう?


FRBが行う経済政策とは?

FRBが主に行う政策は、もちろんアメリカ経済にとって有利な政策です。代表的な政策を挙げると、為替に影響する政策、そして国内の金融安定化を図るための政策です。いずれの政策もアメリカだけではなく、日本をはじめとする同一経済圏の国に対しても大きな影響を与える場合があります。

為替に影響する政策としては、公定歩合を定めるのがFRBの大きな仕事です。公定歩合が下げれば、連動してアメリカ国内の金融機関が金利を下げます。金利を下げることでローン商品の販売を活発にして、住宅や自動車などの高額商品を市民に購入してもらえるよう仕向け、国内経済をいい意味で刺激する目的があります。自動車などの売れ筋商品によっては、日本の企業も当然利益を得られるので、日本経済にもいい影響を与えることがあります。

国内の金融安定化を図る政策としては、アメリカ国内の銀行に資金を供給し、その経営を支えることです。銀行の経営が安定化すれば、ローン商品なども積極的に売り出せるだけの資金力を得て、これまた国内経済をいい意味で刺激することにつながります。国内の経済が上向きになれば働いている人の給与も上がり、ますます国内経済は上向くのでしょうが、時には問題も出てきます。以前起こったサブプライムローンの焦げ付きなど、行き過ぎた経済政策は時に引き締めないと、債権を増やしてしまう逆効果に陥ることがあります。

FRBは、これらの経済政策を、その時々の状況を確認しながら弾力的に実施している機関なのです。日本でいえば「日本銀行」であるわけです。