むずかしげなFRBって、なんだろう?


FRBと量的緩和の関係

FRBと一緒に語られることの多い言葉、みなさんは思い浮かびますか。特に最近関連付けて使われることが多いのは「量的緩和」と言う言葉です。さて、FRBは何をどのように緩和しているというのでしょうか。実はこの量的緩和、日本においても行われることがあるのです。

FRBが行っているのは、アメリカ国内の銀行が持っている債権を証券化し、それを購入している行為です。つまり、銀行がアメリカ国民と交わしたローン契約により生まれた債券、それがもし国民の都合で返せなくなっても、すべてではないけれど、FRBが債券を購入して保証人のような立場になり、何かが起きても補てんできるようにしておこうという、セーフガードのシステムなんです。そのセーフガードに使っているお金を、通常期に比べても増やしておこう、つまり「緩和」しておこうというのが、近年よく聞かれる量的緩和政策と呼ばれるものなのです。

日本においても、日本銀行が民間銀行の発行する債券を購入することで、民間銀行の経営を支援し、国民向けのローン商品を多数販売することで、国内の経済を活性化してデフレを解消しようとする政策が行われています。これも量的緩和政策のひとつです。

ただしいつまでも国が国民の借金に対して保証人になるような仕組みは好ましくありません。アメリカも量的緩和政策の見直しを行うため、そのタイミングを計っているところです。量的緩和政策が行われなくなると、当然アメリカ国内の消費も低下気味になり、様々な製品の売れ行きが下がると思います。そのため日本政府もFRBの政策転換を注視しているわけです。