むずかしげなFRBって、なんだろう?


FRBと日本銀行の関係

FRBと日本銀行は、正直に言えば「敵」であれば「友」でもあります。それぞれは日本の経済、アメリカの経済に利益をもたらすように行動をしていますが、時に互いの経済目的が一致することがあり、いわば「友」となり得る関係なのですが、実際にはどのような状態を表すのでしょうか。

友と言える状態は、バブル期のころにありました。日本円の価値が高まり、アメリカドルの価値が下がり、俗にいう「円高ドル安」の状態になりました。円高ドル安になることで、日本円でアメリカの資源を安く買い、それを加工して商品を作り、高くアメリカに売ることができました。自動車や家電製品などがその流れに乗り、日本経済は貿易黒字の恩恵を受けさらに成長しました。しかし当時のアメリカはむしろその状況を喜んでいたのです。

と言うのも、アメリカ国内では輸出が低迷し、自国の資源や製品が売れない状態でした。そこに日本と言う大口の資源買付客が現れ、景気のいい暮らしをしているわけですから、アメリカは日本を自国製品の市場として考え、売り込みをかけることにしたのです。時刻の商品を安く輸出しようとすれば、当然自国の通貨価値が安い方が、輸出には有利です。実際には牛肉やオレンジと言った農産物がこの時期に貿易自由化され、日本へ多く輸出されることでアメリカの農業界は大いに利益を得たのです。

しかし、このような偶然と言える友の関係は続きません。バブルが崩壊して日本は国内で商品が売れなくなり、かといって円高なので輸出する商品も価格で太刀打ちできない状態になり、このデフレ状態を打破するべく「アベノミクス」が始まったのです。現状ではFRBをはじめとするアメリカ経済界も日本の経済再生がまず第一と考え、大口顧客でもある日本の経済力回復を待ち望んでいます。しかしこの友の関係、日本経済が再び勢いを取り戻してくると、きっと「敵」になることも考えられます。日本銀行とFRBの経済政策でのせめぎあいも時間の問題だと思います。