むずかしげなFRBって、なんだろう?


FRBってどんな組織?

FRBとは、連邦準備制度とも言われるアメリカの通貨や経済に必要な指標を決定する最高機関のことです。アメリカにおいて、各銀行や財務省との中間に立ち、そのポジションを活かしてアメリカ国内の経済を安定化させるために、公定歩合やファンド金利を定める役割を担っています。

アメリカ国内には12の準備銀行があり、FRBの議決に基づいて各銀行の資産やドル等の通貨を市場に供給する役割を担っています。アベノミクスに当てはめると、市場に資金を供給するのは日本銀行ですが、アメリカの場合はFRBの指示により、12の準備銀行が市場への資金量を調節する行動を起こすようになっています。

連邦と書いてあるので世界的な決定機関のように思えることもありますが、あくまでアメリカ国内の機関です。日本でいうと国内経済に関する調整や決定の機能を「日本銀行」が担っています。アメリカには日本銀行に相当する中央銀行がないので、その代わりに各準備銀行と財務省の間に入り調整や指導を行う組織としてFRBが存在しています。

アメリカ国内の経済情勢を左右するということは、時にアメリカのみならず世界の経済に影響を及ぼす決定がなされることがあるのもFRBの特徴です。特に資金の流入量を調整する機能については、アメリカ国内のみならず日本国内へも影響を及ぼすのです。アメリカの市場が凍りつけば日本の市場も影響を受けることが多いですし、為替相場は明らかに変動しますから、FRBの動静がアメリカ国内のみならず、世界中から注目されているのもうなづけます。